読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバー人材センター、ご存知ですか?

昨日はうっかり体調を崩し、お店をお休みさせていただきました。
もし足を運んでくださった方がいらっしゃったとしたら、
大変申し訳ないことでした。(申し訳ありませんでした。)

今朝は、定期的にお掃除をお願いしているシルバー人材の方がいらっしゃるので早めにお店に来ていますが、...
「体調どう?心配しましたよ。」とわざわざ声を掛けに来てくださる方もいて、
心が温まる思いがしました。
優しいお心遣い、本当にありがたいものですね。

さて、話は変わりますが、
『シルバー人材センター』というのを皆さんはご存知でしょうか?

大概それぞれの区などにあり、定年を迎えても、まだまだ活躍される方々が登録されていて、ニーズやスケジュールが合えば、定期的でも、単発でもお願いすることが可能です。

私は、お店のグリストラップというキッチン床の排水溝のお掃除を中心に定期的にお願いしていますが、
この時給では申し訳ないと思うほどに、
流石人生の豊富な経験と技をもって、
プロのお仕事をしてくださっています。

また先月からはおうちのお掃除も別の方にお願いするようになり、
普段何気に気づかないところから、
ちょっと気の進まないところまで、
てきぱきと素晴らしいお仕事をしてくださいます。

私も、可能な限り途中休憩をなるべく取っていただき、
無理なく続けていただけるよう、
お迎えしお願いするようにしています。

どちらのリクエストも希望を出したらすぐに希望してくださる方が見つかり、面談後、すぐにスタートに至りました。

何年か前には、
夜まで仕事で満足にごはんを作ることもできなかった私に代わり、
献立決めからお買い物、そして自宅での調理と、
息子の見守りを兼ねて同じくシルバー人材の方にお願いしていました。
その方は以前調理のお仕事をされていたという方で、
心も明るく、大変素晴らしいお仕事をしてくださっていました。

時給うんぬんというよりは、
地産地消ではありませんが、
大きな会社に頼むという方法もあるのかもしれませんが、
地元の働たい方、それも素晴らしい技術と経験をお持ちの
現役世代の方に、お仕事をお願いする。
小さなことかもしれませんが、
こうした社会貢献の方法もあるのではないかと私は思っています。

自分でもできないわけではないけれど、
頑張る自分へのちょっとしたがんばり賞として、
または企業の掃除やちょっとしたお仕事など、
皆さんも必要な時に『シルバー人材センター』の活用を
検討されてみてはいかがでしょうか?