読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい人たち

先日から何度となくわざわざ新浦安から壁づくりやペンキ塗り、
そしてお買い物にアドバイスと
やどり木だけでなくあちこちに足を運んでくれているSGさん。

ある時は深夜にお友達から車を借り、...
その足で木資材を取りに行き、やどり木まで届けてくれました。
なんとその時間深夜1時!

「どおってことないから」

と軽~くいつもお礼を言うと流されてしまいますが、
その後にその車をお友達のところまで返しに行き、
そしてさらにそこから自分の家に帰る・・・
そんなことを考えると、
いったい何時におうちに戻ったのでしょうか。
(一緒に来てくださったHさんにも感謝!)

SGさんとの出会いは、以前働いていたある特別なホテルで。
私はウエディングを担当していましたが、
彼はその最も近い部署の責任者でした。

業界のトップなどどんなお客様からも一目置かれる、
そんな最高の『サービスのプロ』でした。

お互いそのホテルを辞め何年か経ちましたが、
「この人はすごい仕事をする!」と思った人は
それまでもそれからも僅かですが、彼はその一人。

今もあの大変だったけれど充実していた日々を思い返し、
一緒にもっと働いてみたかったなぁと思い返すこともあります。

どこかのバラエティ番組で、
「男気じゃんけん」とか言うのがありますが、
私の思う「男気」というイメージはまさにSGさん。
それでいて果てしないほどに周りに気を巡らせています。
だから彼の周りにはいつも彼を慕って集う人でいっぱい!

そんなSGさんの周りの人は同じくすごい方がいっぱいで
奥様はいつも朗らかに笑顔を絶やさず、いつも気配りを忘れない。
お友達のUさんは、見た目の柔らかい感じとは裏腹にちゃんとしたお仕事をしてくださいます。
またWさんは以前同じホテルで仕事をしていましたが、いつも格好良い仕事をされている様子は今も変わりません。
そしてまだちっちゃな手で一生懸命にペンキを真剣に塗るSGさんの天使、Mちゃんも。

みんなでお休みにも関わらず来て、
木を切っては貼り、そしてペンキ塗り、一方では巾木貼りなど、
バランスの良い分担作業であっという間に壁をほぼ完成に作ってくれました。

私はずーっとそんな皆さんの姿を横に思っていました。
『なぜなんだろう』と。
なぜ、体もお金も大切な時間も使い、
こんなにもしてくれるんだろうと。

私には同じことができるだろうかと。

SGさん、そしてて皆さん、
「ありがとう」なんかでは表現し尽くせるとは思えませんが、
本当に、ありがとうございます。
心から感謝。

f:id:yadorigi-cafeanddining:20160315100319j:plain