読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のお母さん

私の「お母さん」。

以前『鈴』という小料理屋さんをしていました。
そこで一緒に働いていたのが私の産みの母。
1歳の小さな私を残し不運にも急死してしまったことで、...
52歳で私の「お母さん」になる決断をしてくれたそうです。
お店もそこで閉店。

小さな私は、よく台所に立つ母の様子を見ていたものでした。

その頃、ひどく調子の悪かった母は、
家事をするのもきっとさぞ辛かったことと今はわかりますが、
当時はそんなことに気づきもせずで、
基本和食オンリーの食卓に、
「もっとおしゃれなハンバーグとかスパゲティが食べたい」
なんてひどいことを言っていたものでした。

そんな母の作るお弁当は、
いつも同じ「のり弁・唐揚げ・卵焼き」が定番。

私は今のキャラ弁のような可愛いお弁当がいっつも羨ましくて
自分のお弁当が恥ずかしいくらいに思っていましたが、
大人(それも最近かも)になって本当に分かる様になったのは。
『どれほどそのお弁当が特別なものだったのか』。

だから今、その感謝の気持ちを込めて、
グループホームで暮らす母には、
私がお弁当を届けます。
あの頃母を見て教わった母の味を届けているんです。

お弁当、と言っても、
今日はお弁当箱いっぱいの「なっとう卵やき」。
あんなに嬉しそうに「楽しみだなぁ~」と
お弁当箱を開ける母に、
中身が卵やきだけなんて、と
ちょっと後ろめたい申し訳ないような気持ちもしましたが、
そんな気持ちを吹き払うような開けた瞬間のあの満面の笑顔。

こんな風にこれからお料理を届ける人にも笑顔が届けたい。
だからこそ母の味を目指して頑張ろう。
そう強く思いながら母の元を出発しました。

87歳になった今も、
私にいろいろなことを教えてくれる偉大な母です。

f:id:yadorigi-cafeanddining:20160303111853j:plain